11月12日 社員の離職を止めるには!?女医産業医が語る休職前のケアで、離職率を半減する方法~を開催します‼

≪セミナー概要≫

現場社員が何を考えているのかが分からない。

よくこんな悩みを聞きます。

折角時間とお金をかけて採用をしたのに・・・

今、一年以内の離職率は15%と言われています。

この超売り手市場の中で、人材を確保することは難しく、

現社員を辞めさせないような施策を考えていくことがとても重要な施策となっています。

市場のニーズが刻一刻と変わっていくのと同様で、

時代によって現場社員のニーズも変化しています。

皆さん市場のニーズの変化には俊敏に対応されているのにも関わらず、社員への対応は昔から変わらない対応をされてるという方がとても多いのが現状です。

このニーズに合わせたフォローを行うことで早期離職は軽減されます。

今一度このフォロー方法を見直すきっかけとなればという想いで本セミナーを開催致します。

≪内容≫

①休職復職管理体制構築の重要性(どういったメリットがあるか)

②休職前の対応フロー例

③休職前に上司および人事がすべきこと

④休職前に産業医面談をかませる意味(また、「いい産業医」に休職前面談させると、どういったメリットが生まれるか)

など、いかがでしょうか。

⑤産業医サービスに関して

⑥アールナインでのサービス展開に関して

開催日時 2019/11/12(火) 16:00 ~ 18:00 (受付2019/11/12(火)15:50~)

会場住所 東京都港区虎ノ門1丁目23番1号 虎ノ門ヒルズ森タワー7F (地図を表示)

会場名 虎ノ門ヒルズ森タワー7階

受講費 無料

受講対象 内定者、新入社員、若手・中堅社員、管理職、経営者・経営幹部、パート・アルバイト、人事・労務、面接官・リクルーター、事務・総務、財務・税務・資産管理、法務・コンプライアンス、エンジニア・IT、営業・販売・サービス、マーケティング、その他

主催 株式会社アールナイン

≪講師情報≫

一般社団法人健康経営推進産業医会

産業医 中澤 祥子(ナカザワ ショウコ)

2011年日本医科大学卒。初期研修終了後は、3年間、救急科にて軽傷〜重症例の様々な疾患対応を行っていた。発症にいたるまでの経緯を聞いていくうちに、発症前の一次予防によって、こういったケースは減らせるのではないかと課題を感じ、予防医学領域への転向を決意する。

現在は、健康経営推進産業医会の産業医として、業種単位ではIT業、アパレル業、人材派遣業、コンサル業から物流業、製造業、建築解体業、人数単位では40名から3,000名の事業所まで幅広い顧問先を持つ。

健診結果からの従業員の疾病リスクの予測や、メンタルヘルスの職場復帰後支援、労働衛生に十分な予算を割けない中小企業の衛生管理体制構築を得意とする。

株式会社アールナイン

代表取締役

長井 亮(ナガイ リョウ)

富山県生まれ。1999年青山学院大学経済学部卒業。株式会社リクルートエイブリック(現リクルートキャリア)に入社。連続MVP受賞などトップセールスとして活躍後、株式会社リクルートを経て、2009年に人材採用支援会社、株式会社アールナインを設立。これまでに1,200社を超える経営者・採用担当者の相談や、5,000人を超える就職・転職の相談実績を持つ。 北陸学院大学にて非常勤講師を務めるなど、全国で学生・ビジネスパーソン、また経営者を対象に、年間約250回のキャリア・採用に関する講演、セミナーを行う。

記事の画像をダウンロード 記事の動画を観る
前の記事 次の記事