1月23日 売上に直結するプロ人材活用と業務委託契約における法制度のリスク対策 トークセッションを開催しました!

~セミナー概要~

今話題のプロ人材活用

政府では、2018年の1月から「モデル就業規則」を改訂し、働き方改革の一環として「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」の規定を削除しました。

あなたの会社では既に、プロ人材を活用していますか。

これから活用することを検討されておりますでしょうか

≪プロ人材の定義とは≫

プロ人材とは、スキルのあるフリーランスや子育て中キャリアウーマン、若手起業家など、週2,3回(平日)出社とリモートをあわせて(時間ではなく)成果や業務にコミットして働く個人。

を指します。

プロ人材を活用すると、下記のようなメリットがあります。

《メリット》

・正社員では採用できないようなレベルの人材をメンバーとして迎え入れることができる

・各分野のプロフェッショナルに業務を依頼できる

・ピンポイントで業務を依頼することで、人件費を抑えられる

・契約期間を自由に設定できる(人件費を固定費→変動費化することでリスクを軽減)

・採用がスピーディー(求人化して最短1週間で採用可能)

・自律的なのでマネジメントコストを削減できる

・成果が可視化される

・外注とは異なり、スキル・ノウハウを社内の資産として蓄積できる。(※メンバーの育成も可能)

また、各士業が下記のような不安要素を解消いたします。

《不安要素》

・「職務専念義務」に関するリスク

・離職を促す可能性

・機密情報の流出リスク

今回は、社労士・弁護士・税理士などの専門家より、プロ人材活用に関する法制度や採用労務・雇用後の税務などをご紹介します。

~セミナー詳細~

●日時 1月23日(木)16:00~18:00(受付開始:15:45~)

●場所  We Work 四ツ谷

〒160-0004 東京都千代田区麹町6−6 Building 5F Tokyu Yotsuya

●当日お持ちいただく物 筆記用具、名刺2枚

●参加費 無料

●定員 15名

●主催 株式会社Aire

※定員に達し次第、締め切りとなります。

~講師紹介(トークセッション形式)~

①今話題のプロ人材活用に関して

【登壇者】

株式会社Piece to Peace  代表取締役 大澤亮

<セミナー内容>

プロ人材の紹介と活用メリットをお伝えいたします。

②プロ人材活用に関する採用労務・雇用維持獲得に関して

【登壇者】

You`s社会保険労務士事務所 中岡社会保険労務士

<セミナー内容>

優秀プロ人材の採用方法と労務管理の重要点に関してお話をいたします。

③プロ人材活用に関する労務問題や機密情報を守る方法

【登壇者】

澤井弁護士

<セミナー内容>

プロ人材を活用するうえで労務上留意すべき点についてお伝えいたします。

上記をトークセッション形式で行う予定です。

※終了後、懇親会を予定しております。

記事の画像をダウンロード 記事の動画を観る
前の記事 次の記事